2005年03月29日

インドネシア・スマトラ島西岸沖28日マグニチュード推定8.5

インドネシア・スマトラ島西岸沖で28日午後11時10分(日本時間29日午前1時10分)ごろ発生した大地震は、震源近くの島で多数の犠牲者が出る災害に発展した。日本の気象庁によると、震源地は同島北西部の沖約100キロのインド洋で、震源の深さは約30キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は推定8.5。大きな津波被害はなかった模様だが、震源から近いインドネシア・ニアス島では多くの建物が倒壊。同国のカラ副大統領は地元ラジオ局に「(ニアス島で)1000〜2000人が死亡したようだ」と語った。スマトラ島での被害などは明らかになっていない。
 日本の外務省によると、同日午前9時現在、日本人が被害にあったという情報は入っていない。
 米国の地質調査所は、地震の規模をM8.7と発表した。気象庁は今回の地震について、大局的にみれば昨年12月26日に発生したスマトラ沖大地震(M9.0)の余震と判断し「今後もM8クラスの余震が起こりうる」と見ている。しかし、震源域がスマトラ沖大地震の発生領域の南側に隣接した場所であることなどから、スマトラ沖大地震によって別の地震が誘発された可能性もあり、余震の発生状況などから発生メカニズムの解析を急いでいる。
 太平洋津波警報センター(ハワイ)も津波発生の危険性を警告した。
 カラ副大統領は、ニアス島最大の町であるグヌンシトリでは「建物の80%が全半壊したと見られる」と語った。ニアス島での死者数推計は倒壊した建物の数に基づくもので、遺体が確認されたわけではないという。ロイター通信によると、グヌンシトリの人口は約2万7000人。
 一方、AP通信によると、同島の別の当局者は、人道援助団体からの報告として296人が死亡したと地元ラジオ局に語った。
 昨年12月のインド洋大津波の被災地タイ、スリランカ、インドではテレビやラジオなどで沿岸住民に退避を呼びかける津波警報が伝えられた。多くの市民が高台へと逃げ、一時パニック状態となったが、津波の観測は小規模にとどまり被害はなかった。各国は同日朝までに警報を解除した。
 ロイター通信によると、インドネシアのユドヨノ大統領は30日からの予定だったオーストラリア訪問を延期し、ニアス島を一両日中にも訪問することを決めた。
 気象庁などによると、各地で観測された津波は▽ポートラルー(セーシェル)=約30センチ▽サラーラ(オマーン)=約30センチ▽コロンボ=約25センチ▽ハニンマドゥ(モルディブ)=約20センチ▽ココス諸島(オーストラリア)=約10センチ。
 スマトラ沖大地震では、インド洋沿岸を大規模な津波が襲い、死者・行方不明者が計約30万人に上った。ニアス島ではこの際、少なくとも340人が死亡し、1万人が家を失ったという。
出典元:毎日新聞
**********************************************
msf-logo.gif
MSF「スマトラ島沖大地震・津波 被災救援緊急募金」について

1日50円キャンペーン
インターネット寄付
随時のご寄付・取り扱い金融機関
関連グッズ販売
物品販売による収益金は国境なき医師団の活動のために活用されます
posted by kumasan at 22:58| Comment(0) | TrackBack(2) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2680785
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スマトラ沖地震・・・・再び・・・
Excerpt: ・・・・また地震・・・ほぼ同じ場所で・・・。 朝、新聞を取りに行くと、一面に速報の見出しが。 ん?一瞬、数ヶ月前の新聞か?福岡のことか?と思ったら、どうやら現在のことらしい。 慌ててテレビをつけ..
Weblog: 西訪旅遊
Tracked: 2005-03-30 00:33


Excerpt: ココス諸島ココス(キーリング)諸島Cocos (Keeling) Islands公用語英語、マレー語首都ウェスト島(Bantam Village)。イギリス君主一覧|女王   エリザベス2世 (イギリ..
Weblog: オーストラリアに夢中☆
Tracked: 2007-09-13 14:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。