2005年02月10日

アイバンク

角膜の寿命は200年と言われているので、献眼をするのに特に年齢制限はありません。
近視や乱視の方、白内障で手術を受けた方、またはコンタクトを常用している方でも角膜が透明であれば、どなたでもご献眼いただけます。
献眼登録のお申し込みは、インターネット上でも、お電話でも出来ます。
インターネットの場合はドナー登録フォームへ。
電話の場合は連絡後、必要書類が送付されますので、必要事項をご記入の上返送します。
1〜2週間以内に献眼登録者カードが郵送されます。

お問い合わせ:info@eyebank.or.jp
ドナーホットライン(24時間対応): 047-324-1010

***********************************
kuma mama管理人も登録していマス。
だって勿体無いでしょ?
誰かの目になって生きていくことが出来るのデス手(チョキ)
posted by kumasan at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック


Excerpt: アイバンクアイバンク (Eye bank) とは、角膜移植によってしか視力を回復できない患者のために、死後、眼球を提供することに本人または遺族の同意を得て、移植 (医療)|移植を待つ患者に斡旋する公的..
Weblog: (目)のすべて
Tracked: 2008-01-26 15:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。